トップページ > 在学生の方> 学生生活について 

学生生活について

教育学部では,学生生活全般(健康,修学,教育実習,卒業,進学,その他)について,相談の必要が生じた場合は,教員が親身になり相談に応じてくれる学生生活相談制度が整っています。

千葉大学教育学部のキャンパスライフは,附属小中学校,幼稚園を身近に感じながらはじまることになります。将来主に学校や幼稚園その他の教育界で活躍できる人材を育成するための環境を十分に整備していますし,また21世紀にふさわしい人材育成に向けて大きく動き出しています。とくに,大学院教育学研究科(修士課程)や博士課程への進学を目指す方にも十分対応できる充実した体制が整っています。

大学に入学しますと,まず広大なキャンパスの中で,自分にふさわしい学生生活の計画を立案することからはじまるのですが,心身両面についての相談をしたり,指導を受けるシステムがあり,学生生活を自立的に円滑に送ることができます。また,経済的援助システムとしては,授業料の免除及び徴収猶予や奨学金貸与制度を利用することもできます。

生活の基盤という意味では,学生寮,下宿,アパート,間借など住まいのことが大切ですが,地域社会で生活するという視点を失わないように,社会の一員としての自覚をもって生活するようにアドバイスしています。

千葉大学には体育系,文科系,および音楽系サークルとして160を越える団体が登録されています。大学生活をより豊かにするために自主的に参加することができるようになっています。

学生生活におけるアルバイトについては,アルバイトに依存しなければ,修学困難な場合に限り,就労学生という自覚をもって修業するように助言しています。

大学での勉学に欠かすことのできない施設が図書館ですが,幸いにも千葉大学附属図書館はたいへん充実しており,学内の西千葉本館,亥鼻分館,松戸分館のみならず全国的,国際的にも情報を交換することができるように整備されています。また,今後の進路の決定は,学生生活の根幹に関わる重要な問題ですが,これに関しては就職情報をご覧ください。 千葉大学の広大なキャンパスは首都文化圏の東に位置し,房総の潮の香りただよう学問的環境に恵まれ,学生生活をエネルギッシュに送るには好適なところといえます。
 
































.