トップページ > 総合案内> 教育学部附属学校園> 附属特別支援学校 

附属特別支援学校

本校の概要

附属特別支援学校は、千葉大学教育学部の附属学校とし,知的発達に障害のある児童生徒を教育する学校です。大学の構内から約7キロメートル離れた千葉市稲毛区長沼原町にあり,小学部,中学部,高等部があります。小学部は,低学年,中学年及び高学年の3学級からなり,中学部・高等部は,学年別に3学級を編制しています。1学級の定員は,小学部・中学部は6名,高等部は8名です。
 

役割

教育学部の教官及び学生に,研究の場を提供します。
学生に教育実習の場を提供し,その指導に当たります。
教育の実践的研究に取り組み,その成果を研究会等を通して公開します。
 

特色

「生活のための,生活による,生活の教育」を目指しています。
一定の期間,一定のテーマにそって遊んだり,働いたりする活動を中心にして学校生活を整え,児童生徒が充実した学校生活を送れるようにしています。
児童生徒が自ら取り組む学校生活を大切にし,できる限り,児童生徒が生活を計画し,実行するようにしています。「新入生歓迎遠足・運動会・ふよう祭(学校祭)・お別れ会」などの学校全体で取り組む行事については,児童生徒会役員が企画・運営をします。そして,児童生徒会の各委員会や各学級が,準備等の活動に取り組みます。
卒業後,働きながら人と交わる社会生活ができるように,働く生活を学校生活に大きく位置づけています。中学部と高等部では,職場や作業所などにおける校外実習を実施しています。
また,就職等に向けた進路指導に力を入れ,中学部卒業時の就職や,高等部1,2年修了時の就職についても,本人及び保護者と協議の上で進めています。
 

所在地

〒263-0001 千葉市稲毛区長沼原町312番地
(JR総武線稲毛駅より京成バス山王町行にて長沼原公園下車徒歩3分)
TEL:043-258-1111 FAX:043-258-9303    

※附属特別支援学校のHPはこちら