トップページ > 総合案内> 教育学部の沿革 

教育学部の沿革

本学部は、 昭和24年に新制の総合大学として千葉大学が発足した際、 千葉師範学校と千葉青年師範学校が統合されて、 学芸学部が誕生し,翌25年に学芸学部が文理学部と教育学部に改組されて現在に及ぶものである。
千葉師範学校の基礎は遠く明治7年 (1874年) に定められたが,その源は更に明治5年の学制発布の歳に溯るものであり,教育学部は本学中最古の歴史を有している。
昭和57年度には,大学院教育学研究科 (修士課程6専攻35名) が設置され,昭和58年度に3専攻25名が増設され,昭和62年度及び平成3年度に各1専攻が増設された。 さらに平成11年度に養護教育専攻 (3名) 及び夜間開設の独立専攻として学校教育臨床専攻 (9名) が増設され,平成13年度にカリキュラム開発専攻 (7名) が増設された。
また,平成8年度には,東京学芸大学,埼玉大学,千葉大学及び横浜国立大学の4学の連携協力のもとに教員養成系として初めての東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科 (後期3年の博士課程) が設置された。   

教育学部の沿革

明治5年9月
下総国葛飾流山村に印旛官員共立学舎を開設
明治6年7月千葉町正妙寺に校舎を移し千葉小学校と改称
明治7年5月千葉師範学校と改称
明治9年3月千葉町都川の畔字西谷に校舎,寄宿舎及び附属小学校の新築を計画
明治9年7月建物落成
明治9年9月火災のため,附属小学校を残し校舎,寄宿舎を全焼
  明治10年3月  
再築校舎が落成し移転
明治10年4月附属小学校も同地に移転
明治10年9月千葉女子師範学校設置
明治17年6月千葉女子師範学校を廃し,千葉師範学校女学部と改称
明治19年10月師範学校令により千葉県尋常師範学校と改称
女学部を女子部と改称
明治30年8月千葉町字西猪鼻の新校舎に移転
明治31年4月千葉県師範学校と改称
明治37年4月千葉県師範学校女子部を廃し,千葉県女子師範学校と改称
明治37年12月千葉県女子師範学校が千葉町字松原の新校舎に移転
大正9年4月千葉県立茂原農学校内に附属農業教員養成科を設置
大正10年3月千葉県立茂原農学校附属農業教員養成科を廃し,
千葉県実業補修学校教員養成所を設置
大正11年4月女子師範学校に附属幼稚園を設置
昭和10年4月千葉県実業補修学校教員養成所を千葉県立青年学校教員養成所と改称
昭和18年4月千葉県師範学校と千葉県女子師範学校とを合併し,国立に移管,千葉師範学校と改称
昭和19年4月千葉県立青年学校教員養成所を千葉青年師範学校と改称,国立に移管
昭和22年4月千葉師範学校に附属第一及び第二中学校設置
昭和24年5月千葉師範学校と千葉青年師範学校を合併し,学芸学部を設置
昭和25年4月学芸学部を改組,教育学部設置,同時に分校 (2年課程) が置かれる
昭和26年4月
附属第一,第二小学校,附属第一,第二中学校,附属幼稚園設置
昭和37年3月分校 (2年課程) 廃止
昭和37年4月千葉市弥生町校舎に移転 (附属学校を除く)
音楽科教室新築落成
昭和40年4月入学定員改訂 (小学校教員養成課程270名,中学校教員養成課程120名)
養護学校教員養成課程新設 (定員20名)
教育専攻科設置 (定員5名)
特殊学級新設 (小学部低学年1学級,定員15名)
附属第一,第二中学校を統合,附属中学校と改称
 昭和41年4月入学定員改訂 (小学校教員養成課程330名)
附属第一,第二小学校を統合,附属小学校と改称
昭和42年4月学科目新設 (漢文学,社会学)
昭和43年4月幼稚園教員養成課程新設 (定員30名)
学科目新設 (食物学)
小学校学級増
昭和43年11月館山市大賀西台地に臨海実習所設置
昭和44年4月特別教科 (看護) 教員養成課程新設,学科目新設 (法律学)
 昭和45年4月特殊学級学級増

昭和46年4月
教育学部及び養護教諭養成所増築 (2,864 m2)
学科目増設 (社会教育)
入学定員改訂 (小学校教員養成課程370名)
昭和47年4月学科目増設 (作曲)
昭和48年4月特殊学級を統合,附属養護学校新設 (小学部3学級,中学部3学級)
昭和49年4月附属養護学校高等部新設 (1学級15名)
昭和50年4月学科目増設 (幼児心理)
昭和51年4月養護教諭養成課程新設 (定員40名)  
昭和52年4月 
学科目増設 (家庭管理)
昭和53年4月附属教育工学センター設置
附属幼稚園学級増
昭和54年1月附属幼稚園園舎増築 (120.5 m2)
昭和54年4月附属中学校海外帰国子女受入れ (定員15名)
臨時の言語障害教育教員養成課程 (1年課程) 新設 (定員20名)
昭和55年4月附属小学校海外帰国子女学級増設 (1学級・定員15名)
昭和56年10月学部5号館増築 (5,090 m2)
昭和57年3月教育専攻科廃止
昭和57年4月特別教科 (看護) 教員養成課程学生募集停止
大学院教育学研究科設置 (6専攻・入学定員35名)
昭和57年6月附属養護学校が千葉市長沼原町に竣工,移転 (3,416 m2)
昭和58年4月大学院教育学研究科専攻増設 (3専攻・入学定員25名)
問題行動総合研究指導室設置
昭和60年3月特別教科 (看護) 教員養成課程廃止
附属小学校帰国子女学級棟竣工 (3階建・904 m2) 
帰国子女学級棟新設に伴い給食室の改修及び教室棟の廊下増築(702 m2)
昭和62年4月大学院教育学研究科専攻増設 (1専攻・入学定員5名)
平成元年5月附属教育実践研究指導センター設置 (附属教育工学センターを改組)
平成3年4月大学院教育学研究科専攻増設 (1専攻・入学定員5名)
平成4年4月千葉大学特殊教育特別専攻科設置 (1専攻・入学定員15名)
平成5年3月臨時言語障害教育教員養成課程 (1年課程) 廃止
平成6年4月スポーツ科学課程新設 (定員20名)
平成8年5月附属教育実践総合センター設置
(附属教育実践研究指導センター及び問題行動総合研究指導室を改組)
東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科設置。
東京学芸大学,埼玉大学,横浜国立大学とともに参画 (後期3年博士課程・定員20名)
平成9年3月附属中学校校舎棟竣工 (4階建・5,729 m2)
平成11年4月生涯教育課程新設 (定員30名)
大学院教育学研究科専攻増設 (2専攻・入学定員12名)
平成12年1月附属中学校管理棟 (3階建・1,586.48 m2),体育館 (2階建・2,799.79 m^2),
プール (762 m2) 竣工
平成12年3月屋外運動施設竣工 (10,030 m2)
平成13年4月大学院教育学研究科専攻増設 (1専攻・入学定員7名)
平成15年3月教育学部弥生創房竣工(1階建・202.5 m2)
平成16年4月国立大学法人千葉大学発足
附属小学校学級減(1学年4学級→3学級)
平成17年4月大学院教育学研究科専攻増設(2専攻・入学定員8名)
附属小学校学級減(2学年4学級→3学級)
附属中学校学級減(1学年5学級→4学級
平成18年4月附属小学校学級減(3学年4学級→3学級)
附属中学校学級減(2学年5学級→4学級)
平成19年4月附属養護学校を附属特別支援学校と改称
附属小学校学級減(4学年4学級→3学級)
附属中学校学級減(3学年5学級→4学級)
平成20年4月入学定員改定
(小学校教員養成課程245名,スポーツ科学課程15名,生涯教育課程20名)
課程名称変更(養護学校教員養成課程→特別支援教育教員養成課程)
附属小学校学級減(5学年4学級→3学級)
平成21年4月附属小学校学級減(6学年4学級→3学級)
平成23年4月大学院教育学研究科改組(2専攻・入学定員79名)
平成24年4月
附属小学校入学定員改定(105名)
平成25年4月
附属教員養成開発センター設置(附属教育実践総合センターを改組)
附属幼稚園入学定員改定(56名)
附属中学校入学定員改定(140名)
平成27年4月
幼稚園教員養成課程に保育士養成開設
平成28年3月
特別支援教育特別専攻科 廃止
平成28年4月
小学校教員養成課程
(総合教育選修→教育学選修,教育心理選修→教育心理学選修)選修名変更
中学校教員養成課程(総合教育分野・教育心理分野・情報教育分野)学生募集停止
入学定員改定(中学校教員養成課程85名)
スポーツ科学課程 募集停止
生涯教育課程 募集停止
修士課程(学校教育科学専攻,教科教育科学専攻)学生募集停止
修正課程改組(1専攻・入学定員59名)
高度教職実践専攻(教職大学院)新設(入学定員20名)