トップページ > 総合案内 
 

学部長からのメッセージ

 千葉大学教育学部は約150年の長きに渡り、常に資質の高い教員の養成に取り組み、その卒業生は千葉県をはじめとして全国各地で活躍してきています。実は、私も約40年前に千葉大学教育学部に入学し、多くの仲間とほろ苦さもありましたが、実に楽しく、本当に充実した4年間を過ごしました。その4年間で得られた経験や知識は、有形無形に現在の自分の行動や判断にも大きな影響を及ぼしていると思います。大学4年間は、高校とはひと味違った人間形成の場であると思います。

 教師という職業は、単に教科を教えるだけにとどまらず、常に教師自身が成長しながら、児童・生徒との相互作用を通じて彼・彼女らに夢と希望を与え、社会で生きる人間としての成長を支援するという重要な役割を担っています。教師が十分な資質を備え、生徒・児童とともに成長し続けることは、急激な変革を遂げているグローバル社会の中での日本の成長を確固たるものにする原点のはずです。そのような意味で、社会からの教師に対する期待も大きく、またその反面厳しい見方もあるのかもしれません。

 千葉大学教育学部には、教師を目指す人々を支援する多くの優秀な教授陣、1年次から始まる教育実習、柔軟性に富んだ独自の教員免許取得カリキュラム、附属学校園等が完備されています。加えて、千葉大学では総合大学かつスーパーグローバル大学の強みを生かした学際性や国際性に富んだ多くの人々との交流や海外留学プログラムによる諸外国での研修も可能です。

 皆さんが“教員になりたい”という夢を持っているのであれば、千葉大学教育学部はその夢を叶えてくれる場所となるはずです。ぜひ千葉大学教育学部でお会いしましょう。

千葉大学教育学部長 小宮山伴与志
 












.