トップページ > 学部・大学院> 教育学部の案内> 社会科教育分野 

社会科教育分野

社会科教育分野の目指す教員像

社会科教育分野では,
  • 高度な専門性を持つとともに専門性を生かして自ら学び続けることができる教員
  • 専門のみならず社会科他分野に精通した「社会科に強い」教員
  • 専門的知識・能力を生かし,社会科教育のリーダーとして活躍しうる教員
の養成を目指しています。
 

高度な専門性と実践力の育成

中学校社会科教育論・公民教育論・地歴教育論において中学・高校の科目に対応した実践的な授業開発能力を養うほか,歴史学(日本史・世界史)・地理学(人文地理・自然地理)・政治学・法律学・経済学・社会学・哲学・倫理学の専門スタッフによる専門科目を学んで専門的知識を深めます。また,実習・演習を通して極めて高度な専門性を育成するとともに,自ら専門的研究を行える能力の修得を目指します。

授業紹介 ~史料調査実習,地理環境学野外実習~
史料調査実習では,近世の古文書(くずし字)を取りあげて,具体的にその内容を読みとり,そこから近世の地域社会のありようを探求します。 地理環境学野外実習では,千葉県内はもとより全国各地での野外実習を通して,地域を見る目を養います。
 

卒業後の進路

教員が中心ですが,自治体や民間企業に就職する人もいます。また,大学院へ進学し勉学を続ける人も多数います。

卒業生の声
社会科は1学年10人前後の少人数の学科です。それもあり,同学年だけでなく他学年との結びつきも非常に強く,1~4年生参加のサブゼミという形で社会科関係の勉強会を行ったりして親睦を深めています。4年間の大まかな流れは,1~2年で各分野の基礎的なことを学び,3年でゼミの選択専門的な勉強に入り,4年で卒業論文を書きます。空き時間には皆が学生控室に集まるようなアットホームな雰囲気の学科です。 (Yさん,4年生)

社会科教育分野