情報教育分野

※平成28年度入学者選抜(平成28年4月入学)以降の学生募集はありません。
 

情報教育分野の内容

中学校教員養成課程情報教育分野では,数学・理科・技術の中か一つの教科を選択し, それぞれの教科の立場から中学校の教育に必要な情報科学の知識や技能を初歩から学習する。 また,選択した教科の学習はその教科を主専攻とする教育分野の学生と同一の内容を学習し,さらにコンピュータとを活用した各教科の教材研究や,教育現場で必要な情報処理についても深く学習する。
 

教員免許状

中学校教員養成課程情報教育分野を卒業すると,選択した教科の中学校教員の1種免許状と高等学校の免許状を同時に取得することができます。 また,本学部で開講されている情報関連の講義を受講することで,高等学校情報の免許状の取得も可能です。 さらに,副専攻として小学校教員養成課程の講義を受講することで小学校教員の免許状の取得も可能です。
 

卒業研究

卒業研究を進めるためのセミナーについては,2年生の終わりに所属する研究室が決定されます。 ただし,原則として,数学・理科・技術の情報分野に関わる教員の研究室に限ります。 4年生の1年間は,この所属した研究室を中心に,4年間の総仕上げとして卒業論文を作成することになります。 卒業論文の内容は,各分野の専門性の高い内容から,教育現場と密着した教材研究,教科教育に至るまで多岐にわたります。
 

進路

卒業後は,毎年多くの学生が千葉県内および出身県の中学校教員に就職しています。 また,大学院に進学しさらに研究を進める学生や,企業に就職する学生も少なくありません。
情報教育分野情報教育分野