トップページ > 学部・大学院> 教育学部の案内> 中学校教員養成課程 

中学校教員養成課程


  実 習概   要 
4年 (副専攻の本実習)
  1. 附属学校園(小学校を除く),協力校または出身校において2~4週間
  2. 主専攻の校種以外の免許取得を希望する場合,その校種の本実習を行います。
 事後研修
  1. 千葉県内の教育文化施設において1日
  2. 地域の教育文化施設の見学・講義などを通して,社会教育施設の活動の実際を学びます。
 3年 本実習
  1. 附属中学校において4週間
  2. 担当する授業はもちろんのこと,休み時間や掃除の時間など,様々な時間を通して子どもたちとふれ合い,中学校教員としての実践力を養います。
 介護等体験 
  1. 特別支援学校で2日間,社会福祉施設その他の施設で5日間の計7日間
  2. 障害者・高齢者等に対する介護・介助や交流を体験します。
 2年 観察実習
  1. 附属中学校において2日間
  2. 2日間にわたり様々な授業を見学し,児童の学びや教員の役割,授業の実際について,「授業者」の眼で見る力を養います。
1年 基礎見学実習
  1. 附属中学校で1日
  2. 授業を見る眼を養う第一歩として,いくつかの授業を見学し,授業見学の基礎を学びます。