トップページ > 学部・大学院> 教育学部の案内> 保健体育科教育分野 

保健体育科教育分野

目指す教員像

 運動の楽しさを生徒に経験させるとともに,身体運動やスポーツの実践を通した豊かな人間形成に寄与し,さまざまな場面で優れた問題解決能力を発揮できる教員の養成を目指しています。また,大きな社会問題ともなっている「いじめ」,「不登校」といった学校現場の問題にも対応できる教員の資質の育成をも視野に入れています。
 

授業および実習について

 1・2年次で各種運動技能(器械運動,体つくり運動,陸上競技,球技,武道,ダンス,水泳等)の実践能力向上を目指した実技及び実習があります。特に,宿泊を伴った実習が3つ(水泳,野外活動,スキー)あり,実技能力の向上に加えて,集団生活を通した学習ができます。このようなさまざまな実践能力を理論的に裏付けるために,生理学,心理学をはじめ多くの基礎理論科目も開講されており,身体運動に関わる理論的背景を学ぶことができます。また,指導能力向上を目指した教科教育法および教材研究に関する科目群の充実したカリキュラムも用意されています。そして,3年次で附属中学校において教育実習を行い,それを踏まえ,4年次には,附属学校等においてさらなる実践的指導能力の向上に取り組み,教員としての資質を身につけていきます。なお,履修の仕方により,中・高校の保健体育,第2免許以外に,小学校教員免許等の取得も可能です。
 

研究活動と保健体育科の年間行事

保健体育科の中には,体育哲学,体育史,体育心理学,生理学,運動学,バイオメカニクス,ダンス等,文系と理系の研究室があり,3年次から学生の興味・関心に基づきそれぞれの研究室に所属し,卒業研究に取り組んでいきます。4年次には,総合学習の時間に対応した総合演習発表会と卒業論文発表会を保健体育科教室全体で実施しており,4年間の研究の成果を教員と在校生の前で披露し,1~3年生は先輩の研究発表を聞きながら,自分の研究の方向性を決定する参考にしていきます。
 

卒業後の進路

卒業後は中学校,高校の教員をはじめとして教職に就く学生が多数を占めます。また,体育の専門知識を活かして民間のスポーツ施設,社会体育,体育行政等の各分野で幅広く活躍しています。体育に関する知識を深めるため大学院に進学することにより,さらなる教育および研究能力の育成の機会も提供されています。

在学生の声
授業でさまざまな実技,理論を学ぶことができますが,ほとんどの学生が運動部に入部しており,部活動においても中心となり活躍しています。部活動の練習においては,授業で学んだ理論等をトレーニングに取り入れて,競技力向上に結びつけています。また,部活動では,体育科の学生だけではなく,他学部の学生とともに活動に励むことができ,とても良い経験ができます。保健体育科に入学した時には,ぜひ,体育会の部活動で活躍してください。
 (平成19年度保健体育科4年,K.H.)

卒業生の声
学生時代には,体育科の学生同士が協力して,授業,教育実習,部活動とさまざまな活動に取り組むことが多いため,卒業後も同級生や先輩,後輩とよく連絡をとっています。卒業生は,やはり,教員が多く,教員の仕事をこなしていく上での相談等もお互いにすることができ,体育科で一緒に学んだ仲間とは今でもとても大切な関係を続けています。
  (平成14年卒業,A.T.)