トップページ > 学部・大学院> 教育学部の案内> 美術科教育分野 

美術科教育分野

千葉大学中学校教員養成課程の美術科教育分野は,美術の表現活動や鑑賞における高度な専門性を持った教員を育成することを目指しています。
 

高度な専門教育

美術科教育分野に所属する教員は,絵画,彫刻,構成,美術理論,美術教育学において高い実績を有しており,高度な専門的技能および知識を,実地で学ぶことが出来ます。
 

実践的な活動の場

美術科教員に求められる高い技能と知識を実践的に修得するため,付属小中学校やその他の学校において,教育活動に関わる機会を持つことが可能です。 また,美術の新たな可能性を追求する活動を,地域の中や美術館において取り組む機会もあります。
 

教員免許

千葉大学教育学部では,第二免許として美術科以外の教科の免許を修得することが求められていますが,美術科の教員にとってこれは大きな武器となります。 また,小学校の教員免許を副専攻として取得できます。もちろん,高校芸術美術や工芸の免許も取得が可能です。

美術科教育分野
 

さまざまな講義や演習授業

さまざまな講義や演習授業さまざまな講義や演習授業
小学校教員養成課程図画工作科選修では,教育全般の授業の他にいくつかの美術に関する授業を受講します。 中学校教員養成課程美術科教育分野では,様々な美術に関する授業を中心に体験します。 絵画分野では「絵画実習」「版画実習」「日本画」「絵画論」など,彫刻分野では「彫刻実習」「塑像」「彫刻論」など, 構成分野では「デザイン演習」「造形演習」「造形原理」など,又それぞれの「教材研究」があります。 美術教育論分野では「美術科教育法」「素材とかたち」など,美術史・美術理論分野では, 「西洋・日本美術史」「美術の背景」など,その他にも「金属工芸」「木材工芸」「窯芸」などの授業を幅ひろく学習できます。 基礎から発展へと積み重ねられたカリキュラムによって総合的に学ぶことができます。 又,入学時に自分の特性に気づかなかった人でもそれぞれの特性に従って自分の専門分野をみつけ,時間をかけて研究を深く追求した上で, 卒業論文または卒業制作に結実させ充実した学生生活を送ることが出来ます。
さまざまな講義や演習授業さまざまな講義や演習授業さまざまな講義や演習授業
 

大学の外での授業・・・学外研究

小学校教員養成課程図画工作科選修および中学校教員養成課程美術科教育分野では,絵画・彫刻・デザイン・工芸・芸術学のコースごとに「学外研究」というかたちで, 大学内の授業だけでは補えない内容に関して,集中的に学外に出て体験する講座があります。 コースによって内容・日程等も異なりますが,共通の目的は,体験を通して実践的な視点や能力を身に付けようとするものです。 一例として「絵画学外研究」では,海岸地域または山間地域に3泊4日の滞在をし,油彩による風景画を完成させます。 自然や地域の人との会話も楽しみながら,制作に関しては高い集中力をもって取り組んでいます。

学外研究
 

研究室の活動や行事の紹介

造形芸術に関する理論を追求・・・芸術学研究科
芸術学研究室では,大学外の組織と連携し,アートの可能性を追求する活動にも取り組んでいます。 千葉市美術館, 佐倉市立美術館のアウトリーチ活動と連携し,アーティストと共に様々な事業の企画立案・運営に取り組んだり, 街づくりNPO,商店街と提携し,街づくりとアートの接点を模索する活動を行ったりしています。

造形芸術に関する理論を追求

造形芸術の基礎的な原理を探求・・・構成研究室
構成研究室では,美術やデザインの基礎となる色彩や形態などの研究や,それらを教育に生かしていく方法の模索などが活動の中心になります。絵の具の他,様々な材料や,コンピュータ・グラフィックス等による作品制作も行います。また,研究成果を理論や作品という形で,国内外の美術・デザイン系学会や展覧会に発表しています(写真はアジア基礎造形学会懇親会風景)。

造形芸術の基礎的な原理を探求
 

在校生から一言

在校生から一言美術科は,他の教科のように机に座って受ける授業ばかりではなく,実際に手を動かして制作することも多く, 油絵・アクリル・木彫・塑像・工芸など,幅広い素材を用いて様々な勉強ができます。今年度はゼミで幼稚園にお洒落な小屋を建てる取り組みをしました。 自主的な展覧会やワークショップの企画など授業外での活動も意欲的にでき,高校まででは出来なかったようなことを経験できます。 そのような活動を通して自主性が育まれ,自分の目標に向かうことができていると思います。
    中学校美術科分野  3年 吉田真理


    在校生から一言街の散策や季節の食べ物,伝統行事など郷土ごとの風習・遊びといった一見何でもない普段の生活の中から子供たちが感じるものを, 他の教科とは異なる視点から,総合的な表現活動につなげていける教科が図画工作だと感じています。 図工科選修は,学生自身が体験を通して,美術的なこと以外にも自分の興味のあることを能動的に学ぶことができ,自分自身も人間的な成長があるように思います。
    小学校図画工作選修  3年 小島信哉
 

卒業生から一言


 卒業生から一言 卒業生から一言
現在,私は千葉で小学校の教師として,子どもたちと汗だくになりながら楽しく毎日をおくっています。 教育学部を卒業して数年が経ちますが,今でもその過ごした日々はとても大切なもの・自分の原点 として思い返されます。 夢へ向かって,かけがえのない仲間たちと出会いながら, 大好きな分野を中心に専門性を広げ,自分を磨くことができた場所,それが私にとっての教育学部でした。 将来「教育」を志す人にとって,ここには自分の力を伸ばす環境・可能性があります。 ぜひ入学し,夢への一歩を踏み出してください。応援しています。
    千葉県いすみ市立国吉小学校教諭 村井裕紀
    (小学校教員養成課程 図画工作科選修 平成15年度卒業
    千葉大学大学院教育学研究科 美術教育専攻 平成17年度修了)


 卒業生からの一言 卒業生からの一言
千葉大学での4年間は私の人生にとって,本当になくてはならないものです。 先生方から学んだこと, クラスの仲間との触れ合い,それら全てのおかげで「今の私」があると言っても過言ではありません。 大学での講義や演習の中から直接学ぶことと同時に,あの千葉での生活の全ては,私の感性を刺激し続け, 大きく成長させてくれました。 教職につき生徒の前に立つ今も,あの時学んだ「人としての生き方」を, 授業を通して学んでほしいと願い日々実践をしています。 そして,生徒と向き合いながら結局は自分と 向き合って学び続けることが大切かな,とこの頃強く感じています。 どうか皆さん,千葉大学に入学して, 「今」を大切に精一杯生きてください。それが十年後きっと,皆さんを支えてくれます。
静岡大学附属島田中学校教諭  道越洋美
(小学校教員養成課程 図画工作科選修 平成6年度卒業)