トップページ > 学部・大学院> 教育学部の案内> ◆養護教諭養成課程 

養護教諭養成課程

養護教諭養成課程
 

養護教諭養成課程の目指す教育

教育現場では,確実な知識と技術の基に, 子どもたちの心と体を支える養護教諭が求められています。 健康と教育に関する専門知識と技能を統合化し実践的指導力を持った養護教諭の養成を目指しています。

子どもの心や体の健康を支援する養護教諭を養成
子どもの心や体の健康を支援するという専門的な役割を果たす養護教諭を養成する課程です。

関連する諸分野に対する高い専門性と総合性
学校保健のみならず,基礎医学や看護学,栄養学,公衆衛生学など, 様々な専門分野を段階的に学び,養護教諭に必要な専門的かつ総合的な知識と技能を高めます。

豊富な実習による実践力の育成
3年次には附属病院で臨床実習を行い,4年次には小学校と中学校の それぞれで養護実習を行うなど,多くの実習を経験することで,実践力を育成します。
 

カリキュラムの内容


養護に関する科目
保健行動論, 小児保健学,養護活動演習, 健康相談活動論Ⅰ・Ⅱ,学校救急処置活動,
食物栄養学, 解剖学, 免疫学, 精神保健学, 臨床実習等
 教職に関する科目
現代教職論, 健康教育論, 保健科教育演習, 教育実習(養護実習)等
 専門基礎科目
新入生セミナー,医学概論,受胎・発育・成長他 

自由選択科目

卒業論文
 

取得できる免許状

この課程の卒業生は,養護教諭一種免許状の他,履修の方法によっては, 中学校教諭一種免許状(保健)及び高等学校教諭一種免許状(保健)を取得できます。
 

卒業後の進路

卒業生の過半数が,毎年国公私立の小・中・高等学校の養護教諭として活躍しています。 その他大学院,企業に進む人もいます。大学院では、研究能力だけでなく、実践力を養うこともできます。
 

在学生の声

私が千葉大学の養護教諭養成課程を選んだ理由は, 大学病院での臨床実習など本格的な医学を学べること,そして歴史のある養成課程であるからでした。 実際に入学してみて,どの先生方も私たちに親身になって指導をしてくださり, 4年間で養護教諭としての力を十分につけることができると思いました。 また総合大学ということで,サークル活動などを通して他の学部の人との交流を通じ, 勉強以外でも充実した毎日を過ごすことができ,先輩後輩の仲がよいことなど千葉大学を選んで本当によかったと思っています。 一緒に素敵な養護教諭を目指しましょう。
 

養護教諭養成課程の教育目標

本課程では,子どもの健康と成長を支援できる専門性の高い養護教諭の育成を目指し,具体的に以下の教育目標を掲げています。
  1. 専門性を担保する養護教諭としての知識や技術を習得できるようにする。
  2. 入学時に持っている子どもの心身の健康問題や養護活動への関心と意欲を,さらに高める。
  3. 人とのかかわりが多くを占める養護教諭の職務を鑑み,さまざまな活動や体験を通して豊かな感性と柔軟なものの見方,コミュニケーション能力を身に付けることができるようにする。