トップページ > 学部・大学院> 教育学部の案内> ◆教育実習について 

教育実習の流れ

教育実習は、おおよそ図に示したような流れで行います。4年間をかけて実習を積み重ねることで、授業を見る眼・授業実践の力を系統的に身につけることができます。

教育実習の流れ

※事前指導・事後指導には,ここに挙げる実習以外に,実習についてのガイダンスや総合討論などの授業も含まれます。
※スポーツ科学課程及び生涯教育課程では,教員免許状の取得が必修ではありません。よって,免許取得を希望する場合の「教育実習の流れ」も下記の図とは異なります。両課程については,後の表を参照してください。
 

小学校教員養成課程

  実 習概   要
 4年 (副専攻の本実習)○附属学校園または出身校において2~4週間
○主専攻の校種以外の免許取得を希望する場合,その校種の本実習を行います。
 3年/4年 事後研修○実習校または千葉県内の教育文化施設において1日
○実習校で行われる行事への参加を通して,学校という場を様々な面から捉え,理解を深めます。また,地域の教育文化施設の見学・講義などを通して,社会教育施設の活動の実際を学びます。
 3年 本実習○附属小学校または近隣の協力校において4週間
○担当する授業はもちろんのこと,休み時間や給食の時間など,様々な時間を通して子どもたちとふれ合い,小学校教員としての実践力を養います。
 介護等体験○特別支援学校で2日間、社会福祉施設その他の施設で5日間の計7日間
○障害者・高齢者等に対する介護・介助や交流を体験します。
2年 観察実習○本実習を行う学校において2日間
○2日間にわたり様々な授業を見学し,児童の学びや教員の役割,授業の実際について,「授業者」の眼で見る力を養います。
1年 基礎見学実習○附属小学校で1日
○授業を見る眼を養う第一歩として,いくつかの授業を見学し,授業見学の基礎を学びます。

 

中学校教員養成課程

  実 習概   要 
4年 (副専攻の本実習)○附属学校園(小学校を除く),協力校または出身校において2~4週間
○主専攻の校種以外の免許取得を希望する場合,その校種の本実習を行います。
 事後研修○千葉県内の教育文化施設において1日
○地域の教育文化施設の見学・講義などを通して,社会教育施設の活動の実際を学びます。
 3年 本実習○附属中学校において4週間
○担当する授業はもちろんのこと,休み時間や掃除の時間など,様々な時間を通して子どもたちとふれ合い,中学校教員としての実践力を養います。
 介護等体験
○特別支援学校で2日間,社会福祉施設その他の施設で5日間の計7日間
○障害者・高齢者等に対する介護・介助や交流を体験します。
 2年 観察実習○附属中学校において2日間
○2日間にわたり様々な授業を見学し,児童の学びや教員の役割,授業の実際について,「授業者」の眼で見る力を養います。
1年 基礎見学実習○附属中学校で1日
○授業を見る眼を養う第一歩として,いくつかの授業を見学し,授業見学の基礎を学びます。

 

特別支援教育教員養成課程

  実 習概   要 
 4年 (副専攻の本実習)○附属学校園(小学校を除く),協力校または出身校において2~4週間
○主専攻の校種以外の免許取得を希望する場合,その校種の本実習を行います。

3年
事後研修
○附属特別支援学校において1日
○附属特別支援学校における行事への参加を通して学校という場を様々な面から捉え,理解を深めます。
 障害児教育実習
(本実習)
○附属特別支援学校において4週間
○担当する授業はもちろんのこと,学校生活における様々な時間を通して子どもたちとふれ合い,特別支援学校教員としての実践力を養います。
基礎資格にかかる実習
(小学校免許あるいは
中学校1教科の免許)
○小学校免許を基礎資格とする場合=近隣の協力小学校において2週間
○中学校(1教科)免許を基礎資格とする場合=附属中学校において2週間
○基礎資格となる小学校免許あるいは中学校(1教科)免許に必要な実習を,小学校または中学校で行います。
 2年  観察実習○附属特別支援学校(障害児教育)・附属小中学校(基礎資格)において
2日間
○2日間にわたり様々な授業を見学し,児童生徒の学びや教員の役割,授業の実際について,「授業者」の眼で見る力を養います。
障害児教育実習
(特別支援教育
第1本実習)

○附属特別支援学校において1週間
1年 基礎見学実習○附属特別支援学校で1日
○授業を見る眼を養う第一歩として,いくつかの授業を見学し,授業見学の基礎を学びます。

 

幼稚園教員養成課程

  実 習概   要 

4年
(副専攻の本実習)○附属学校または出身校において2~4週間
○主専攻の校種以外の免許取得を希望する場合,その校種の本実習を行います。
事後研修附属幼稚園において2日。附属幼稚園における行事への参加を通して幼稚園の行事の実際を体験します。
○他の幼稚園において1日
○他の幼稚園の見学を通して,いろいろな保育のやり方があることを知り,幼児教育について種々の角度から考察し,内省する力を養います。
本実習○附属幼稚園において2週間
○担当する年齢クラスでの保育はもちろんのこと,他の年齢クラスの子どもともふれ合い,前年度の実習をさらに深めて,教員としての実践力のさらなる向上を目指します。
 3年本実習○附属幼稚園において3週間
○3歳~5歳の各クラスの保育を一通り経験し,子どもの発達を実感するとともに,様々な活動の時間を通して子どもたちとふれ合い,教員としての実践力を養います。
観察実習○附属幼稚園において2日間
○2日間にわたり様々な年齢クラスの保育の実際を観察し,子どもの活動や教員の役割,保育の実際について,「保育者」の眼で見る力を養います。
 介護等体験
(小学校あるいは中学校の免許取得の場合必須)
○特別支援学校で2日間,社会福祉施設その他の施設で5日間の計7日間
○障害者・高齢者等に対する介護・介助や交流を体験します。
1年基礎見学実習○附属幼稚園で数時間ずつ3~4回
○保育を見る眼を養う第一歩として,いろいろな年齢クラスの保育を見学し,保育見学の基礎を養います。

 

養護教諭養成課程

  実 習概   要 
 4年

 (副専攻の本実習)○附属学校園(小学校を除く)または出身校において2~4週間
○主専攻の校種以外の免許取得を希望する場合,その校種の本実習を行います。
※養護教諭養成課程では,わずかな追加単位と,ここに該当する実習(保健科実習)で,中学校教諭一種免許状(保健)または高等学校一種免許状(保健)を取得することが可能です。
(保健所実習)○千葉県内の保健所において3日間
○地域保健の中心である保健所の活動と学校保健との連携のあり方について学びます。選択実習の一つです。
事後研修○実習校において1日
○実習校の行事に参加し,学校という場を様々な面から捉え,理解を深めます。
養護実習○附属小学校または近隣の小学校で10日間,附属中学校または近隣の中学校で10日間
○保健室における救急処置はもちろんのこと,健康診断や保健指導など,学校保健・学校安全に関する様々な活動を通して,養護教諭としての実践力を養います。
 3年  観察実習○養護実習を行う小学校または中学校において1日
○保健室での活動や校内を見学し,学校という場を理解するとともに,子どもの健康状態や様子を観察する眼を養います。
臨床実習○千葉大学医学部附属病院で4週間
各科の外来(一部、病棟)の見学を中心とした実習で,健康障害のある人の心身の状況を理解するとともに,医療や看護の活動・役割を学びます。
介護等体験(中学校の免許取得の場合必須〉
○特別支援学校で2日間,社会福祉施設その他の施設で5日間の計7日間
○障害者・高齢者等に対する介護・介助や交流を体験します。
1年
基礎見学実習○附属幼稚園,附属小学校,附属中学校の3箇所でそれぞれ数時間
児童・生徒等の観察や授業見学、保健室見学を行います。

 

スポーツ科学課程

スポーツ科学課程においては,免許取得が必修ではありませんが,所定の単位を修得することにより,以下の免許を取得することができます。

○中学校教諭(保健体育), 高等学校教諭(保健体育)

  実 習概   要 
 4年 事後研修○千葉県内の教育文化施設において1日
○地域の教育文化施設の見学・講義などを通して, 社会教育施設の活動と実際を学びます。
 本実習○出身校等(中・高等学校)において実習を行います。(※取得免許の種類により期間は異なる)
○担当する授業はもちろんのこと,休み時間や掃除の時間など,様々な時間を通して子どもたちとふれ合い,教員としての実践力を養います。
 3年介護等体験(中学校の免許取得の場合必修)
○特別支援学校で2日間,社会福祉施設その他の施設で5日間の計7日間
○障害者・高齢者等に対する介護・介助や交流を体験します。
観察実習
○附属中学校において2日間
○2日間にわたり様々な授業を見学し,児童の学びや教員の役割,授業の実際について,「授業者」の眼で見る力を養います。

 

生涯教育課程

生涯教育課程においては,免許取得が必修ではありませんが,所定の単位を修得することにより,以下の免許を取得することができます。

○生涯教育課程 =中学校教諭(社会), 高等学校教諭(地理歴史,公民)

  実 習概   要 
4年事後研修○千葉県内の教育文化施設において1日 
○ 地域の教育文化施設の見学・講義などを通して, 社会教育施設の活動と実際を学びます。 
 3年 本実習○出身校等(中・高等学校)において実習を行います。(※取得免許の種類により期間は異なる)
○担当する授業はもちろんのこと,休み時間や掃除の時間など,様々な時間を通して子どもたちとふれ合い,教員としての実践力を養います。
介護等体験(中学校の免許取得の場合必修)
○特別支援学校で2日間,社会福祉施設その他の施設で5日間の計7日間
○障害者・高齢者等に対する介護・介助や交流を体験します。
2年 観察実習○附属中学校において2日間
○2日間にわたり様々な授業を見学し,児童の学びや教員の役割,授業の実際について,「授業者」の眼で見る力を養います。