理科選修

理科選修の目指す教員像

楽しく理科を教えるための意欲や熱意は,身の回りの自然の不思議や面白さをたくさん知り,たくさん感動することをきっかけとして,科学の広い知識を身につけ,またそれが社会に生かされる様子を理解することで,より確固としたものになります。いまや,メディアでは先端の研究が紹介され,また知識豊富な理科支援員が小学校に来る時代ですが,卒業研究を成し遂げれば,全く知らない分野も,人が取り組む姿勢として見えてきます。本選修は,自然界の各分野にわたる考え方や整理の仕方を身につけながら,子供たちが見つめた身近な自然のなかの何に注目すれば面白さを伝えられ,より進んだ学習への意欲付けになるかという視点をもって,自ら学び続ける教員の養成を目指しています。
 

科学的体験と基礎知識の習得

小学校理科選修の授業には,物質とエネルギー(物理・化学分野),生命と地球(生物・地学分野),および実験2科目(物理学実験,化学実験,生物学実験,地学実験から)等があります。個別分野の発展的内容は中学校課程の授業にあり,小学校理科選修の学生も履修できます。高校で未履修の分野についても基礎から学ぶことができます。
理科選修

授業の例:物質とエネルギー
物理・化学分野の内容として,小学校で取り上げる身近な対象(振り子の運動やてこのつりあい,電流の作用と磁石への影響,水の性質や熱の影響など)について詳しく考えるための基礎的内容の講義

 平成19年3月卒業の小学校教員Y.Sさんの声
印象に強く残っているのは,遊び道具の科学でおもちゃを科学的に分析したこと。生物学実験の生き物の観察で行った,解剖・ドットのスケッチ・菌の培養です。 職場では理科ができる先生が意外と少なかったので,理科選修で実験器具の使い方や実験方法などを丁寧に学べたことが実験や観察をする際に役立ちました。理科は身近な現象を素材とした実験・観察などを行い学ぶという点で,子どもにとっては興味深い科目だと思います。理科選修で理科を深く学ぶことで,教師がその面白さを知り,子どもたちに伝えることができるのではないかと思います。
 

卒業後の進路

 もとより小学校教員への就職が中心ですが,中学校・高等学校の教員あるいは自治体・公共機関の教育関連部門や教育,情報教育機関の民間企業などにも就職しております。大学院修士課程への進学者もおります。