音楽科選修

音楽科選修の特色と魅力

小学校教員をめざす上でも,一つ自分の得意な分野を持つことは大切なことです。音楽科選修では,音楽の幅広い領域にふれ,自分の音楽性を磨いていくことができます。また,子どもと音楽との関わりについて考えることを通して,小学校教員として必要な資質を養うことができます。小学校教員養成課程学生として,教育学や教職に関する専門的知見を深めていくことができると同時に,自分の選修として音楽の力も深めていくことができるのです。
 

特色ある授業科目

音楽科選修の特色ある授業科目として,次の3点をあげることができます。

実際の小学校の音楽授業をふまえた実践的力量の育成
1年次の開設科目として,附属小学校に出かけていき実際の授業を見る「授業研究入門」や「新入生セミナー」があり,また附属小学校公開研究会など機会をとらえて学校現場に身を置くことを通して,小学校の音楽授業について考えていきます。「小学校音楽科教育法」や「音楽科教育法Ⅰ~Ⅳ」といった科目によって授業実践の検討,指導法や教材の研究等を行います。2年次の観察実習を経て,3年次の教育実習(本実習)により,さらに実践的な力を養います。

選修に関する科目
音楽科選修として履修すべき科目として,「歌唱表現」,「器楽表現(ピアノ)」さらに「音楽理論(楽典)」,「指揮法」等が用意されています。「歌唱表現」,「器楽表現(ピアノ)」では,小学校教員として必要な音楽の基礎技能として,特に声楽とピアノの技能を磨いていきます。各学年をとおして,一人ひとりに応じたきめ細かい指導を受けることができます。

中学校教員養成課程の科目との連動
 副専攻として,中学校音楽科の教員免許を取得しようとする場合は,さらに中学校教員養成課程の科目を履修して,音楽の知見を広め技能を磨いていくことができます。「音楽史」,「音楽理論(和声)」,「合唱」,「合奏(弦楽器・管楽器)」,和楽器(三味線・箏曲),「教材研究」などの科目が開設されています。
 

卒業後の進路

  • 公立,私立の小学校教員(千葉県,東京都など)や,講師など,多くの卒業生が教員となって巣立っていきます。
  • 音楽は特別支援学校でも子どもの発達にとって重要な教科と考えられているので,特別支援学校の教員となるものもいます。
  • 大学院進学の道も開けており,大学院修了後,保育専門学校講師などの職に就くものもいます。 
音楽科選修