国語科選修

ことばの豊かさに触れ,子どものことばの開花・成長を助けることのすばらしさを共に学びましょう。

国語科選修は,ことばの持つ豊かな力を意識して子どもと向き合い,ことばの学びをひらく新しい国語教育を担い, 日本語や文芸に関する専門性を指導に生かせる教員を養成します。
 

魅力あふれる授業

小学校課程では,小学校教員になるために必要な幅広い授業を用意しています。そのうち国語科選修用の授業としては, 「ことばをしらべる」「漢字と漢文」「日本語ケーススタディ」「日本の詩歌」「日本の言語文化」があり,次のような魅力あふれる授業が展開されています。

ことばをしらべる
アンケートの取り方やインタビューの仕方,パソコンによるデータ収集と分析の仕方など,ことばを調べる方法と分析の仕方について,実践を通して学びます。

漢字と漢文
例えば自分の名前の漢字の由来や読み方など,身近の漢字・漢文について奥深く学びます。

日本語ケーススタディ
「『バイオリン』と『ヴァイオリン』,なぜ2種類の書き方があるの?」「『ファミレス』『パンフ』,略語にはどんな特徴があるの?」 日本語に関する様々なテーマについて,調べて発表したり,議論したりしながら,考えていきます。

日本の詩歌
和歌や俳諧などの古典詩歌を読み,日本語の多様な表現について理解を深めることをめざします。

日本の言語文化
伝承文学や伝統芸能から現代の短編小説まで,はば広く「ことば」の芸術をとりあげていきます。 

また,「授業研究入門」「小学校国語科教育法」などでは,理論だけでなく,授業実践例を取り上げたり,小学校の授業を見学したり,本作りや番組作り・詩の朗読上演や「語り」の実演など,経験を通して学ぶ場を取り入れたりして,魅力的な授業を実現する方法を,具体的・実践的に学ぶことができるようにしています。
本人が希望して認められた場合には,必要な授業を追加履修することによって,中学校や高等学校,幼稚園や特別支援学校(養護学校)等の教員免許を取得することも可能です。 
教育法授業で指導法体験学習の中で生まれた学生の作品大学における授業風景。楽しく考え合って学びます。
 教育法授業で指導法体験学習の中で
生まれた学生の作品
大学における授業風景。
楽しく考え合って学びます。
 

卒業後の進路

卒業生は,小学校の教員を中心として,中学校あるいは自治体・公共機関の教育関連部門や 教育関係の民間企業などにも就職しています。また,大学院への進学の道もあります。
 

学生の一言

この4年間,授業以外の時間がとっても長かった。国語科の友達とキャンプやスノボに行ったり,大学祭で焼きそば売ったり……一緒に大騒ぎして遊んだ思い出は数え切れません。
もちろん,ただ遊んでるだけじゃなくて,一緒に授業を受けて,小学校へ実習に行って,子どもとどう接すればいいんだろう,と話し合ったことも。
そんな友達と過ごせた4年間のおかげで,教員になっても頑張れそうです。
(Aさん・4年生)
小学校国語教科書学校国語科授業風景。様々な授業を見学して, 実際的で具体的な学びを行います。
 小学校国語教科書


学校国語科授業風景。
様々な授業を見学して,
実際的で具体的な学びを行います。